STANDARDBOOKSTORE SELECT ONLINE SHOP

【EVENT@PARCO】1月27日(木)19:00~「竹中川」日本や大阪の未来を語る!60分一本勝負!

今回は随分久しぶりとなる竹中功さんとのトーク。スタンダードブックストア心斎橋の閉店、コロナ禍………お会いすること自体も3年ぶり(最後に会ったのが2年前ならこの表現でエエのかな?)。

吉本興業元専務でいまは謝罪マスターで有名な竹中さんとお会いしたのは私が難波の髙島屋の地下で書籍売場を運営していた頃のこと(スタンダードブックストアはまだこの世に存在しない)。どういう経緯でお会いしたのかはよく覚えていないが、1994年に「なんば物語」という本を髙島屋中心に難波界隈の企業が協力して刊行したときだったかな。竹中さんは当時、吉本興業の窓口だった。たしかマンスリーよしもとの編集長だという理由(?)で、吉本から適任とされたようだ。

私は「本の流通について」髙島屋から相談を受け、オヤジのポン友だったシギさんが勤める小回りの利く柳原書店という取次を紹介した。

「なんば物語」のご縁か?、(取り扱っていた)マンスリーよしもとのご縁か?、あるいは92年頃に上梓された「わらわしたい(林正之介の伝記)」の営業で来られた時なのか?定かではないが、竹中さんはとても活き活きした方だという印象を受けた。

その後しばらくお会いする機会はなかったが、2011年、再び出会うことになった。西野亮廣さんの個展を開催することになったのだ。当時の西野さんの個展としては、かなり大がかりなものだったので、吉本興業の方も何人か連れ立って見に来られていた。

個展会場で「竹中さん、竹中さん」と呼びかける声がする。「もしやあの竹中さんか!?」目を走らせる。髪に白いものは混じってはいたが、間違いない!あの竹中さんだ!

竹中さんは私のことを覚えていてくださった。ほどなく飲みに行くことになった。どんな話をしたのか?詳しい内容はほとんど覚えていない。が、とにかく楽しいひと時だった。ずっとあとになってわかったことがある。竹中さんはそれまで日本酒が飲めなかったのだが、その席で私に勧められるがまま、無理して飲み、そうしてその後、日本酒が飲めるようになったという。

その後は何度も一緒にトークを開催した。毎回ほぼ台本なし&打合せなしの、ぶっつけ本番トーク。しかしそこは流石に笑いの殿堂に勤めておられる方。6、7年前に開催したトークイベント『ニューヨーク物語』では、適当なワードのビラを会場に貼り出し、その中からお客さんにリクエストしてもらったことも。

あらためて2022年、新春のトークイベントをお願いしてみたところ、すぐに竹中さんからメッセージが届いた。「今回も大阪のおっさんの「素のオモロさ」を見てもらいましょ。タイトルは大雑把なほどオモロくなりそうだから『竹中川』日本(or 大阪)の未来を語る!とか言いながら、最近美味いもの食べましたか?とか、休みの日、何してますのん?とかかな?」

良いですね!そのまんまの使わせていただきます。芸能だけでなく、映画はじめあらゆる方面に造詣の深い竹中さんにおんぶにだっこで開催予定。身近な話題から、万博や大阪、日本の未来まで。オミクロン株のためPARCOの閉店時刻が早まりそうで、60分一本勝負、気合入れてやりますので気軽に来たってください!

  • 日時|2022年1月27日(木) 19:00~20:00
  • 場所|心斎橋パルコ4F 丸福珈琲店 Good Old & New Edition
  • 料金|¥1,540(1ドリンク&お土産付)
  • 登壇|竹中功(株式会社モダンボーイズ)中川和彦(スタンダードブックストア)
  • メール本文に【1/27丸福イベント参加予約】【お名前】【電話番号】【人数】を入力して、shinsaibashi-event@parco.jpへお送り下さい
  • 定員になり次第締め切りとなります
  • 全席自由
竹中功(たけなかいさお)プロフィール

1959年大阪市生まれ
同志社大学法学部法律学科卒業
同志社大学大学院総合政策科学研究科修士課程修了
ワタナベエンターテインメント広報顧問、株式会社フェザンレーヴ取締役社長
1981年吉本興業株式会社入社後、宣伝広報室を設立。『マンスリーよしもと』初代編集長。よしもとNSCの開校。多数の劇場の立ち上げ。
沖縄映画「ナビィの恋」、香港映画「無問題」などの映画製作。
よしもとクリエイティブ・エージェンシー専務取締役、よしもとアドミニストレーション代表取締役などを経て2015年退社。
現在は作家として謝罪関連から、広報、コミュニケーションの専門家としての出版も多数。
また講演会やセミナーを通してビジネス人材の育成や危機管理、広報、メディアリレーションなどに関するコンサルタント活動を行う。
また2014年より法務省からの求めに応じ、刑務所での釈放前改善指導を行うなど、その活動は多岐にわたっている。