STANDARDBOOKSTORE SELECT ONLINE SHOP

【GALLERY】3/12~27 橋本貴雄写真展「風をこぐ」

3/12(土)より、橋本貴雄『風をこぐ To Row the Wind』(モ・クシュラ刊)の刊行を記念して『橋本貴雄写真展「風をこぐ」』を開催いたします。

【場所】スタンダードブックストア2階ギャラリー
〒543-0056大阪市天王寺区堀越町8-16 TENNOJI BASE 06-6796-8933
【期間】2022年3/12(土)~3/27(日)…最終日は17時まで
【営業時間】11:45~19:00(火曜日は定休日)

淀川河川敷のフウ

フウは2005年に福岡の路上で轢かれていたところを保護した。

事故により後ろ脚は動かなくなっていたので、手術を受け、リハビリをかさねたが普通の犬のように歩くことはできなかった。それでも、バタバタとうねるように走り、時々尻もちをつきながら自分で立って歩けるまでに回復した。写真を始めたのはその頃だった。写真を撮っているとき、その写真で作品作りをするつもりはなかった。ただ、目の前のことにいつもはじめての様に反応し動くフウに視線が向いて、それにつられてシャッターを切っていた。福岡、それから大阪、東京、ベルリンと12年間、私はフウの側にいて、そこでただ見つめていたように写真が残った。

Fuu was rescued from being run over on the streets of Fukuoka in 2005.She had lost the use of her hind legs in the accident. She was operated on and rehabilitated, but could not walk like a normal dog. However, she could not walk like a normal dog. Even so, she recovered to stand and walk on her own while running and sometimes falling on her butt. It was around that time that I started photography. When I was taking pictures, I didn’t intend to make art with them. I just looked at Fuu, who was reacting to what was happening in front of me as if for the first time, and snapped the shutter. In Fukuoka, Osaka, Tokyo, and Berlin, I stayed with Fuu for twelve years, and my photographs remained there as if I were just starting at her.

                                  橋本貴雄 Takao Hashimoto 2021.9.18

『橋本貴雄写真展「風をこぐ」』
  • 会場では「風をこぐ」通常版(税込¥3,520)と特装版(税込¥13,200円) …作家本人による手作りの箱にプリントと写真をパッケージ…や大小プリントの販売もいたします。
  • 3/12(土)は15時より橋本貴雄氏在廊。19時よりミニトーク(無料)開催。→ お電話かメールでご予約をお願いいたします。06-6796-8933 info@standardbookstore.com
  • 3/18(金)、3/23(水)はイベント開催のためギャラリーは18時で終了です。ご注意ください。


『風をこぐ To Row the Wind』橋本貴雄
装丁: 岡本健 +
頁数:342 ページ
定価 3,520 円(税込)


2005 年、車に轢かれ、路上で倒れていた一匹の野良犬。著者はその犬を保護、フウと名付け、一緒に暮らすことに。
本写真集は、12 年間のフウの記録。 事故により脊髄を損傷したフウは、後ろ脚に障害が残り通常の歩行ができませんでしたが、それでも毎日の散歩をとても楽しみました(最後の2年3ヶ月は車イスを使用)。

本写真集「風をこぐ」は、バタバタとうねるように、前足で漕ぐように歩くフウの姿から、著者が付けたタイトルです。地元福岡でフウを保護した 2005 年から、大阪、東京、そして移住先ベルリンで亡くなる 2019 年まで、移りゆく季節・時間のなかで散歩するフウの姿を写した 261 点の写真と、書き下ろされたエッセイ 2 万文字が収録されています。フウのあとを追うように、写真集をめくっていただければ幸いです。