STANDARDBOOKSTORE SELECT ONLINE SHOP

【GALLERY】7/31(日)〜 『都築響一 おかんアート展 Museum of Mom’s Art』

おかんアートは小さな知性への大きな一撃なのか!

都築響一『Museum of Mom’s Art 探すのをやめたときに見つかるもの』(ケンエレブックス)の刊行を記念して『都築響一 おかんアート展 Museum of Mom’s Art』を2Fギャラリーにてぎゃらりーにて開催いたします。

【関連イベント】8/19(金)19:30より 

“おかんアートの破壊力” 都築響一x山下香(下町レトロに首っ丈の会)トーク、 『Museum of Mom’s Art 探すのをやめたときに見つかるもの』刊行記念 開催!

詳しくは → こちら

どこにでもあって、だれからもリスペクトされることなく、作者本人もアートとはまったく思わず、売ったり買ったりもできず、しかしもらえることはよくあり、しかももらってもあまりうれしくない。ハイブロウでも、ローブロウですらない、ノーブロウの明るい衝撃。コンセプトでも反抗でもない「手を動かす純粋なよろこび」が君を微笑ませ、涙ぐませる。
そんな「おかんアート」をオールカラーで350点以上収録。軍手人形、リボン人形、折り紙手芸からチラシかごまで、可愛くて、懐かしくも新しい⁉作品に加え、カリスマおかんアーティストの紹介や対談を収めた至極のおかんアート作品集。

都築響一|つづき・きょういち

1956年東京生まれ。1976年から1986年まで「POPEYE」「BRUTUS」誌で現代美術・デザイン・都市生活などの記事を担当する。1989年から1992年にかけて、1980年代の世界現代美術の動向を包括的に網羅した全102巻の現代美術全集『アートランダム』を刊行。以来、現代美術・建築・写真・デザインなどの分野で執筆活動、書籍編集を続けている。 1993年、東京人のリアルな暮らしを捉えた『TOKYO STYLE』を刊行。1997年、『ROADSIDE JAPAN 珍日本紀行』で第23回木村伊兵衛写真賞を受賞。現在も日本および世界のロードサイドを巡る取材を続けている。2012年より有料週刊メールマガジン『ROADSIDERS’weekly』(http://www.roadsiders.com/)を配信中。近著に『捨てられないTシャツ』(筑摩書房、2017年)、『Neverland Diner 二度と行けないあの店で』(ケンエレブックス、2021年)、『IDOL STYLE』(双葉社、2021年)など。