STANDARDBOOKSTORE SELECT ONLINE SHOP

【EVENT】10/27(木)19:30 津村記久子x岡野大嗣トーク『苦手から始める作文教室』刊行記念

予備校時代に「きみは小論文と作文を勘違いしている」と言われたのがトラウマとなっており、とにかく私は文章が下手です。津村記久子さんの『苦手から始める作文教室』が刊行されと聞いて、一番喜んだのは私かもしれません。実際拝読してみると目から鱗と言いますか、あまり肩ひじ張ることなく気軽に書けるように指南してくれます。「えっ、こんな感じでいいの?」という感じです。と、ここまで書いてみて「、、、ホンマに理解したのかな?」と不安になった自分がいます。ならば津村さんに直接聞いてみよう!ということで今回トークをお願いいたしました。6月の津村さんとのトークイベントでは文学で恥をかいた私ですが、今回は助っ人(ゲスト)をお呼びしています。歌人の岡野大嗣さん。私は以前イベントで短歌を詠んだことがあるのですが、恐ろしいほどのセンスのなさに驚いたしまった経験があります。今回は作文と短歌づくりはどこが似ていて、どこが違うのか?楽しみです。一挙に二つ習得できるチャンスかもしれません!?同世代お二人の話がどう展開していくのか楽しみしかありません。乞うご期待!!

スタンダードブックストア・中川和彦

会場スタンダードブックストア2Fギャラリー
日時10月27日(木)19:30〜 /21:00頃終了予定
出演津村記久子
岡野大嗣
中川和彦(スタンダードブックストア)
料金¥1,980(¥1,800+税)
*ドリンクは付いておりません。ご希望の方は各自1階でお買い求めください。
*定員になり次第締め切りとさせていただきます。
予約(1)来店 2Fレジカウンターへ
(2)電話 06-6796-8933
(3)E-mail info@standardbookstore.com
 ❶イベント名…津村記久子x岡野大嗣トーク『苦手から始める作文教室』刊行記念 ❷お名前 ❸お電話番号 ❹人数をお送りください
(4)通販
スタンダードブックストアBASE でお買い求めください。
津村記久子|つむらきくこ

1978年大阪市生まれ。2005年「マンイーター」(のちに『君は永遠 にそいつらより若い』に改題)で太宰治賞を受賞してデビュー。08年『ミュージック・ブレス・ユー !!』で野間文芸新人賞、09年「ポトスライムの舟」で芥川賞、11年『ワーカーズ・ダイジェスト』で織田作之助賞、13年「給水塔と亀」で川端康成文学賞、16年『この世にたやすい仕事はない』で芸術選奨新人賞、17年『浮遊霊ブラジル』で紫式部文学賞、19 年『ディス・イズ・ザ・デイ』でサッカー本大賞、20年「給水塔と亀(The Water Tower and the Turtle)」(ポリー・バートン訳)でPEN /ロバート・J・ダウ新人作家短編小説賞を受賞。近著に『サキの忘れ物』『つまらない住宅地のすべての家』『現代生活独習ノート』などがある。

岡野大嗣|おかのだいじ

歌人。2014年に第1歌集『サイレンと犀』、19年に第2歌集『たやすみなさい』(ともに書肆侃侃房)を刊行。18年、木下龍也との共著歌集『玄関の覗き穴から差してくる光のように生まれたはずだ』、19年に谷川俊太郎と木下龍也との詩と短歌の連詩による共著『今日は誰にも愛されたかった』、21年に第3歌集『音楽』(ともにナナロク社)を刊行。21年、がん経験者による歌集『黒い雲と白い雲との境目にグレーではない光が見える』(左右社)を監修した。関西の月刊誌「MeetsRegional」で「レッツ短歌!」 連載中。 反転フラップ式案内表示機と航空障害灯をこよなく愛する。