STANDARDBOOKSTORE SELECT ONLINE SHOP

about us

スタンダードブックストア合同会社
〒543-0056 大阪府大阪市天王寺区堀越町8-16 TENNOJI BASE
TEL 06-6796-8933
運営統括責任者 中川和彦


2020年春─大阪天王寺に移転、営業再開しました。現在新型感染症拡大の影響により、時間短縮、イベント自粛にて運営中。尚、現在、カフェへの本の持ち込みはお断りしております。あらかじめご了承くださいませ。

message

中川和彦

「本屋にでも行くか」そんなとき

『自分たちが行きたくなる本屋をつくろう』、スタンダードブックストアの出発地点はここにあります。早いもので15年になります。自分なりにオルタナティブな場をつくりたかったのでしょう。

規格外にならざるをえなかった

従来の、蛍光灯の光がまぶしく、よくわからないBGMがかかり、ポスターがべたべた貼ってあるような落ち着かない店内環境、画一的な品揃えの書店を好きになれず、照明はペンダントライト、床にはカーペットを敷きました。必要以上にかっこつけず、気取らず入りやすい雰囲気に努めました。なぜなら本屋は誰もが気軽にふらっと立ち寄れ、店員はほとんど声を掛けることがないのでゆったりと時間を気にせず過ごせ、何も買わなくてもほとんど罪の意識を感じることなく出て行くことができる素晴らしくて稀有な場所だからです。

『本屋にでも行くか』これだけで大丈夫。本屋へ行くのに特に目的は必要ありません。本屋がないまちを想像すると息苦しくなります。本屋はまちの余白、隙間のような場所なのです。この気楽さをもっと有効に使う方法があるように思っています。

さて、どんな店にすればいいのだろう

当時は『本屋ですがベストセラーはおいてません。』を掲げ、自分たちの視点で本をセレクトし従来のカテゴリーにこだわらない陳列を心掛けました。本に限らず一緒に置いても違和感のない商品をセレクトしました。目的もなくふらっと立ち寄っていただいて思いもかけない本、雑貨との出会いがあるよう心掛けました。日本では自宅も含めゆっくり読書できる空間を望めず、さりとて図書館は静寂という緊張感が耐えられない、と個人的には感じていましたので、ゆっくりと本を選んでいただけるようにアメリカで視察した店を真似て、ご購入前の本を持ち込めるカフェを併設いたしました。

偶然出会う─カフェ&イベント

カフェでは極力添加物、化学調味料を使わない安心できるメニューを用意し、さらに著者、編集者その他作り手と読者、消費者が直接コミュニケーションを図れるイベントを随時企画しました。会社帰り、学校帰り、買い物の途中、散歩の途中にふらっと立ち寄っていただくと気持ちがリセットでき、自分を取り戻せ、店を出る時には自分らしく振舞えるような気分になれるような店を目指しました。

大阪・天王寺での再出発

基本的な考えは変わりませんが、1年前に天王寺に移転し、自分たちの役割は従来とは少し変わったと考えています。ご購入前の本のカフェへの持ち込みはお断りし、コロナ禍でイベントも思うようにはできません。この未曽有の状況下で私たちに一体何ができるのかを突き付けられているのでしょう。いまはこの店をもっと使っていただきたいという気持ちが強くなりました。スタンダードブックストアを始めた頃からあらゆる垣根をなくしたいと考えていました。本と雑貨、飲食業との垣根は失くしたつもりでしたが、先月にはお客様にも寄稿していただいてオリジナルの本をつくることができ、ようやくお客様との垣根が少し崩れた気がします。1年間くすぶっていましたが、そろそろ本格的に始動したいと思います。